佃島船溜

スケッチする人、写真を撮る人、釣り人、外国人観光客、ピクニックする人などが賑わう場所。周囲に高層マンションが立ち並ぶが、そのために井戸の底のような効果をもたらし不思議な雰囲気。日当たりは良く、風も流れている。車がほとんど通らないので、自然にできた新歩行者主義のような居心地。

崩壊寸前の佃折本を修繕し、ギャラリーや旅のインフォに転用。周囲を整備して水辺の小さなオープンカフェとし、運河の浄化作戦を定期的に企画。住吉神社に近接しているので正月から開店、酒を振る舞うなど夢のまた夢か。

外国は新市街より旧市街の方が面白い。この国では佃折本のような建物でも資源として見る必要があるのかもしれません。十条や立石の再開発、雄勝町役場の解体などはもう少し議論が必要だった気がします。

佃島船溜
佃島船溜
Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on Tumblr