明けましておめでとう御座います。

2017年 明けましておめでとう御座います。 本年も宜しくお願い致します。 昨年もいろんな事がありましたが、今年も新たな人との出会いを 大切にして過ごせたらと思います。 この絵は、昨年の11月に群馬を…

佃島船溜

スケッチする人、写真を撮る人、釣り人、外国人観光客、ピクニックする人などが賑わう場所。周囲に高層マンションが立ち並ぶが、そのために井戸の底のような効果をもたらし不思議な雰囲気。日当たりは良く、風も流れ…

私と吉田圭二展 〜生きることは創ること〜

「私と吉田圭二展 〜生きることは創ること〜」の最終日に駆け込んで拝見しました。吉田圭二さんは東京芸大出身の建築家でありますが、昨年の年末に永眠されました。今回の展示は回顧展のような趣であり、精密なスケ…

長谷川堯先生の講義

武蔵美の学生たちと実測に参加した数日後、建築史家・建築評論家で武蔵野美術大学名誉教授の長谷川堯先生の講義を受講しました。そんなこともあり、昔のことを少し思い出しますが、白井晟一のエッセー「めし」と「豆…

カトリック幟町教会 世界平和記念聖堂

毎年ある写真展に参加していますが、人様に鑑賞していただく写真などほとんど無く、期日が近づいてから、慌てて何かを撮りに行く事を毎年続けています。今年はどうしようかと迷いましたが、広島市にある「世界平和記…

家づくりは遠い

少しピアノをかじったことがあります。ショパンのワルツやパッヘルベルのカノンなど練習した記憶がありますが、すっかり忘れてしまいました。しかし、ピアノの楽譜を見ていると、ピアニッシモやフォルテなど音の強弱…

神楽坂の鈴木先生

建築家、画家、文筆家、大学教師、ギャラリー運営者そして何よりも旅人だった神楽坂の鈴木喜一先生の活躍には正に目をみはる思いでいた。尊敬すべき先生でありながらも、ホットワイン入りのヤカンをぶら下げて神楽坂…

階上町の小船戸食堂

古今東西の名作と呼ばれる建築は、その場所にしかない特性を活かしたものが多いように思います。例えば、「落水荘」や「昌徳宮秘苑」あるいは「三徳山投入堂」「ラ・トゥーレット修道院」などなど。もちろん京都の「…

ギンナン

そろそろ寒さも厳しくなり、屋外で絵を描くのもツラくなってはきたが、そんな弱音を吐くくらいなら、そもそも外で筆なんぞを握らず家で絵を描いていれば良いもの。寒ければ寒いなりの絵が描けるさと言い聞かせ出かけ…

新興住宅地

茨城県 旧千代田村 立冬も過ぎた11月の寒空で堤防敷に陣取るなど余程の物好きかもしれないが、ここぞスケッチという場所があったのだから仕方がない。特に集落が好きでスケッチしていても楽しいものだが、最近の…